コンパニオン&キャスト募集!

ノルマなし&安定収入

魅力的なホステスになるための3つの方法

//魅力的なホステスになるための3つの方法

魅力的なホステスになるための3つの方法

クラスに一人は居ませんでしたか?
何となく話しかけたくなる好感の持てる子。優しい雰囲気の子。明るい感じの子。そんなに美人じゃないのにモテてる子。

これらは全部キャバ嬢に必要な要素です。

キャバ嬢を目指されている方は、きっと見た目の良さをとても気にされていると思います。
もちろんそれも大切なことの一つではありますが、見た目が全てではありませんよ。

あなたの周りを観察して下さい。色んな性格のお友達がいませんか?お友達は日によって機嫌も違いますよね。
それと同じで、お店にいらっしゃるお客様のタイプも様々。賑やかなのが好きな方。落ち着いた女性が好きな方。外見よりは女性の仕草や話しの内容にこだわられる方。とにかく美しさを求められる方。挙げていけばキリがないほどです。

人の数と同様にお客様のタイプは違い、また日によっても変わります。キャバ嬢はその変化に対応できる能力を備えていなくてはいけません。

心得その1 世の中を知る

同世代、内輪だけで盛り上がる分には何も知らなくても良いかもしれませんね。
しかしお店には様々な立場、そして様々な職業のお客様がいらっしゃます。お仕事が終わってからの来店であっても、仕事の話はなさるかもしれません。接待でご利用される方も多いですよ。

そんな時、もしあなたがさり気なく男性陣の会話に入れたり、気の利いたフォローをして差し上げれば、お客様から信頼され、気に入られることは間違いありません。さらに紹介などして頂き、立派な方とお話できるチャンスが巡ってくるかもしれません。

世の中を知るというのは、お客様のためだけではなく、結果としてあなたのためになるのです。
ニュース、新聞、本を読む。色々な勉強の仕方があります。たくさんの分野の知識を広げましょう。教養は力になります。

心得その2 気遣い

場の空気を読む力をつけましょう。

お客様は女の子と楽しくお酒を飲みにいらしているはずです。でも、本当に賑やかにしてるだけで良いのでしょうか。それでお客様は満足されているのでしょうか。もしかしたらお仕事で何かあって、今日だけは落ち着いて飲みたかったのかもしれませんよ。

会社の後輩を引き連れていらしたお客様はカッコつけたいものです。どのようにすれば彼の先輩としてのメンツが立つか分かりますか。

場の空気を読むということは、すなわち気遣いです。
気遣いができなければキャバ嬢のお仕事は務まりません。女性としても日常生活にも必ず役に立ちますので、ぜひ気遣い力に磨きをかけて下さい。

心得その3 変身のできる女性になる

人間はその日に起きた出来事や気分によって、したい事や好みが変わります。
昨日はパーティー気分だったけど、今日はのんびり一人になりたいな、とか。

同じお客様であっても日によって性格も気分もかわるのです。しかしもしあなたがいつも元気一杯!弾けるの大好き!というタイプでそれを変えずに接客すれば、お客様があなたではなく違う女性へ変えるでしょう。

つまり、いつも同じキャラクターではいけませんよと言う事です。

お客様の気分や要望によってあなたが変身しなくてはいけないのです。
時にしっとり大人の女性へ。キャピキャピ明るい女の子に。柔らかな癒し系女子に。変身できればお客様がいちいち違う女性を探すことはありません。
色んなタイプの方に対応できる技術を身につけなくてはいけません。

最後に

お酒を飲んで話すだけでしょ、と簡単に思われている方もいらっしゃるようですが、実は様々な業界の方に対応できる能力がなくては務まらないお仕事です。
最低限の清潔感と身だしなみは当たり前であって、そこから自分を磨いていかなくてはいけません。
お化粧、衣装、スタイルの勉強もし、常にブラッシュアップしていかなくてはいけないのですよ。そうして全てが整い、ようやくお客様からの評判を頂けるようになるのです。

それまでの道のりは長いですが、きちんと努力している女の子は格別に魅力的な女性に変身しています。

募集ページの詳細はこちら

お電話でお問い合わせの方

0557825500へ、お気軽にお電話ください。
(スマートフォンは番号をクリックでつながります)
初めての場合は「ホームページを見ました」と言っていただければ私たちの方からご案内させていただきますのでご安心下さい。

LINEでご予約の方

お友達追加よりへ、お気軽にご連絡ください。
(スマートフォンは以下のボタンをクリックでお友達追加画面につながります)
24時間LINEよりお問い合わせが可能です。専門のスタッフが丁寧にご案内いたします。

By |2018-03-01T11:32:26+00:003月 1st, 2018|ブログ|0 Comments

About the Author:

Leave A Comment

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。